旗ポール建て隊サービスでは、全国各地の官公庁舎やスポーツ競技場、教育・研究機関の施設をはじめ民間のオフィスビル、ホテルや工場等々にも幅広くアルミ合金製フラッグポール建設をご依頼いただいております。

40年以上が経過し、今なおご使用頂いている旗ポールも数多くございますが、旗ポールは優れた耐食性を持つアルミ材とはいえ屋外に設置されたいるため強風、振動、塩害、酸性雨等、設置場所や自然環境によるストレスで、腐食・金属疲労等の経年劣化を起こします。特にパイプジョイント部、地際部、開口部等は定期的な点検が必要です。

経年劣化が進行したポールをそのまま使用し続けると、転倒等の大きな事故に至る可能性もあります。しかし、一定期間経過後の点検(建柱後10年以上で年1回以上の点検)や補修等の修理を行う事で事故を未然に防ぎ、より長期間安全にご使用いただけます。

これまでの全国各地での建設・調査、修理実績を踏まえた結果を基に、より安心、安全にご使用いただける旗ポールの設置工事に取り組んでまいります。

設置事例

旗ポールのこと(ブログ記事)

トップページ

旗ポールの修理・設置・メンテナンスに関するお問い合わせはこちら

お急ぎの方はこちらをタップ→TEL:0798-33-0303

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

会社名

電話番号

郵便番号

住所

お問い合わせ内容 (必須)

旗ポール建て隊のプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

旗ポールで利用するアルミについて

旗ポールに使われているアルミは、金属そのものが腐食や風雨にさらされても強く、耐候性に優れています。

そのためリサイクルの観点からも非常に効率的な金属で省エネとエコも実現できます。

またアルミはおよそ630°でドロドロに溶け、リサイクルにかかるエネルギーも少なくて済みます。
そのため二酸化炭素排出量が少なく地球環境にも良い素材といえます。

旗ポールは基本的には軽いアルミでできています。これは循環型社会に最適な素材であり強度も十分保たれるため安心して貴社の旗ポール用としてお使いいただけます。